読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごった煮

漫画、映画等の感想メモとかひとりごととか。

ちいさこべえ

 

ちいさこべえ 1 (ビッグコミックススペシャル)

ちいさこべえ 1 (ビッグコミックススペシャル)

 

 全4巻。昨日読破したので感想殴り書き。

 

・髭面のにいちゃんが火事で両親を失ってから、家の再建と、使用人のりつが連れてきた子供たちとの生活に奮闘するあったかい漫画だった。

・主人公はイラっとするぐらい頑固なんだけど、両親を失っても背負ってるものがあるから意思が強くてかっこいいな。親が死ぬって人生の中でも1、2を争う相当なダメージだと思ってるんだけど。私なら数ヶ月は鬱モードになってるわ。

・原作は時代物なのを現代物にしてるようだけど、登場人物が古風で年のわりに達観してたり、ビルとかの俗っぽい風景が出てこなかったりであまり現代物感はなかった。良くも悪くも。

・4巻の表紙で超ネタバレしてるけど、この2人は喧嘩したりしながらも古風ないい夫婦になってそうなのが想像出来る。しかしキスシーンはおろか、手を繋いでるシーンさえなかった。だがそこが良い。

・子供たちはみんなキャラが立ってて笑えた。瓜顔の子がお気に入り。ああいうませた子いるいる。

・万引きのエピソードは個人的経験からなかなかくるものがあった。ウウッ。

・この漫画に出てくるご飯は白黒なのにすごく美味しそう。あと小物とか靴とか家の中の風景とか描き込みが細かくて、上質なイラスト集を見てる気分になる。

・個人的には「何とも言いようがねえが」の大が知り合いに似てて、大すげー良い奴なのになんか複雑だった。

・望月先生の作品では次「東京怪童」読みたい。

 

広告を非表示にする